ホーム > 特設サイト一覧

特設サイト一覧

これまでのサイトを見る

『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう

突然宣言された「人類滅亡」。滅びゆく運命の中で、凪良ゆうが「幸せ」を問う。2020年本屋大賞受賞後、待望の第一作

『マンガ日本の歴史』石ノ森章太郎

石ノ森章太郎・全編書下ろし 歴史マンガの金字塔 シリーズ累計950万部!

『中公ムック 歴史と人物』

2020年11月5日創刊 2冊同時刊行

『盤上の向日葵』柚月裕子

実業界の寵児で天才棋士。男は果たして殺人犯なのか? 今、二人の刑事が決戦の地・天童市に降り立った。著者渾身の将棋ミステリー!

婦人公論の本

『婦人公論』から誕生した、女性のための新たな実用シリーズ。
暮らしに役立つ情報を1テーマごとに凝縮した各号を紹介します

『たちどまって考える』ヤマザキマリ

動きを止めた世界を前にヤマザキマリは何を想う? 自分の頭で考え、自分の足でボーダーを超えて。さあ、あなただけの人生を進め!

吉田類『酒場詩人の美学』刊行記念 オンラインZoomトークイベント

吉田類さんの新刊『酒場詩人の美学』の特設サイトです。『酒場詩人の美学』刊行記念 オンラインZoomトークイベント 2020年9月20日開催!

中公在宅部

中央公論新社の有志で立ち上げたプロジェクト「中公在宅部」

『囚われの山』伊東潤

世界登山史上最大級、199人の犠牲者をだした八甲田雪中行軍遭難事件120年前の痛ましき大事件に、歴史雑誌編集者の男が疑問を抱いた。すべての鍵を握るのは、白い闇に消えた、もうひとりの兵士。男は取り憑かれたように、八甲田へ向かう――。歴史時代小説の名手が未曽有の大惨事を題材に挑んだ渾身の長篇ミステリー。

『街場の親子論』内田樹/内田るん

誰も感じたことがある「親子の困難」に対し、名文家・内田樹さんが解決のヒントを提示します。「笑って、泣ける」親子の往復書簡。

「任侠」シリーズ

今野敏の大人気シリーズ、「任侠」シリーズが
新装版に! 最新刊は、おなじみの阿岐本組が
潰れかけた病院を再建します!

『マカン・マラン』古内一絵

商店街を入った路地裏に、深夜にだけひっそりと営業しているカフェ、それが「マカン・マラン」。店主は、元エリートサラリーマンにして、今はド派手なドラァグクイーンのシャールさん。ここには、さまざまな悩みを抱える人が集まってくる――

『化学探偵Mr.キュリー』喜多喜久

キャンパスで起こる謎を天才化学者が解き明かす人気シリーズ。
著者による解説やアンケートもご覧になれます

『ステップ』重松清

結婚三年目、突然の妻の死。娘と二人、僕は一歩ずつ、前に進む――娘・美紀の初登園から小学校卒業まで。「のこされた人たち」の日々のくらしと成長の物語。

『開運健康術』『ペットの気持ちがわかる スピリチュアル・コミュニケーション』『令和版 理想の最期』江原啓之

3冊同時発売、江原啓之さんの書籍「開運健康術」「ペットの気持ちがわかる スピリチュアル・コミュニケーション」「婦人公論の本 vol.15 江原啓之がみちびく 令和版 理想の最期」の特設サイト

『流人道中記』浅田次郎

読売新聞朝刊大好評連載、待望の書籍化。

『北条サーガ』富樫倫太郎

富樫倫太郎さんの人気シリーズ「北条早雲」「軍配者」「北条氏康」<北条サーガ>の特設サイトです。

マンガ 日本の古典

漫画界のレジェンドが一堂に会した夢の競作。刊行から24年、世代を超えて多くの古典ファンを育てたベストセラーです

新書大賞2020

2017年12月~2018年11月に刊行された新書No.1を発表します

西洋美術の歴史

歴史の本で定評のある中央公論新社がおくる、まったく新しい美術の本!
創業130周年を記念して2016年10月より配本開始となった全8巻の全集をご紹介します

谷崎潤一郎全集

愛、老い、性......あらゆる欲望が文学に昇華されている!
日本のみならず海外でも高く評価される、その豊かな世界を網羅した、まさに「決定版」全集の内容をご紹介します。