中央公論 2016年9月号(8月10日発売)定価930円(本体価格861円) 

最新号[見どころ]

天皇と皇室の将来

山崎正和、原武史、河西秀哉

薄氷の世界経済

J=C・トリシェ、竹森俊平、小峰隆夫

欧州民主主義の危機

エマニュエル・トッド、宇野重規、池内恵

終活

上野千鶴子、橋本治、永六輔


最新号目次へ

読者アンケートへ"
注目記事

人口減社会の諸問題

深層NEWSの核心
近藤和行/玉井忠幸
〜「中央公論」2015年2月号掲載

記事を読む

〔12月25日UP!〕
自然の脅威にどう備えるか

深層NEWSの核心
玉井忠幸/近藤和行
〜「中央公論」2015年1月号掲載

記事を読む

〔11月25日UP!〕
日中関係は「改善」するのか

時評2014 川島真=中国外交史研究者
〜「中央公論」2014年12月号掲載

記事を読む

〔10月28日UP!〕
日韓関係改善を阻むもの

深層NEWSの核心
近藤和行/玉井忠幸
〜「中央公論」2014年11月号掲載

記事を読む

〔10月28日UP!〕
石破氏の閣内取り込みで複雑な安倍首相の胸の内

永田町政態学
〜「中央公論」2014年11月号掲載

記事を読む

〔10月28日UP!〕
香港・台湾における「民主と自由」への問い

時評2014 川島真
〜「中央公論」2014年11月号掲載

記事を読む

〔9月23日UP!〕
生かせるか 女性労働力

深層NEWSの核心
近藤和行/玉井忠幸
〜「中央公論」2014年10月号掲載

記事を読む

〔9月23日UP!〕
中国の「アジア安全保障観」一読

時評2014 川島真
〜「中央公論」2014年10月号掲載

記事を読む

〔8月22日UP!〕
転機を迎えた医療・介護

深層NEWSの核心
近藤和行/玉井忠幸
〜「中央公論」2014年9月号掲載

記事を読む

〔8月22日UP!〕
九月三日と“中国の歴史戦”

川島真 時評2014
〜「中央公論」2014年9月号掲載

記事を読む

〔8月22日UP!〕
拉致解決に向けて大博打に出た安倍首相

永田町政態学
〜「中央公論」2014年9月号掲載

記事を読む

〔11月15日UP!〕
やがて東京も収縮し、日本は破綻する

誰も知らない人口減少の本当の怖さ
藻谷浩介=日本総合研究所主席研究員
増田寛也=東京大学大学院客員教授
〜「中央公論」2013年12月号掲載

記事を読む

〔2月10日UP!〕
「日本人の論理」と「韓国人の論理」なぜすれ違う

木村幹=神戸大学大学院教授
李元徳=国民大学教授(日本学研究所長)

〜「中央公論」2014年3月号掲載

記事を読む

〔1月9日UP!〕
学問にランク付けなどできない

「国際化」と論文量産によって失われる大学の理念
猪木武徳=青山学院大学特任教授
〜「中央公論」2014年2月号掲載

記事を読む

編集部より

編集後記

2016年9月号【編集長から】

月刊誌の編集作業は発売月(9月号だと8月)の前月に行います。この7月は
<海外>
3日 バングラディッシュで、日本人7人を含む多数が犠牲になったテロ発生
12日 オランダ・ハーグの仲裁裁判所が、南シナ海の中国主権を認めない判決を示す
14日 仏ニースのテロで80人を超える死者発生
15〜16日 トルコで軍部がクーデターを起こすも失敗

<国内>
12日 永六輔さんなくなる
11日 参院選で与党大勝
15日 天皇陛下が生前退位の意向をお持ちと報道される
26日 相模原市の知的障がい者福祉施設で、入所者19人が刺殺される
31日 東京都知事選で小池百合子氏が当選

と大きなニュースが目白押しでした。

このほかにも、米大統領選で民主、共和両党の候補が決まり、安倍総理が28兆円規模の経済対策を発表し、日銀は追加緩和に踏み切っています。政治、経済、国際関係とも激動した月といっていいでしょう。

そんなこともあって、通常は2本の特集を4本に増やしました。

その中でも大きく扱ったのは、天皇陛下に関連したニュースです。

天皇陛下は皇太子時代に、昭和天皇の名代として英エリザベス女王の戴冠式に参列されています。対日講和条約が発効した翌年の1953年6月2日。陛下は19歳、女王は27歳でした。

陛下にとっては平和の尊さが身に染みる外遊だったのだと思います。
「戦争により荒廃した国土から訪れた者として、訪問した多くの国の人々が豊かに生活していることに胸をつかれ、そのことが深く心に残りました」。
2012年の女王即位60周年祝賀行事にあわせて、こんな思い出を披瀝されています。

この祝賀行事に参加した国家代表のうち、59年前の戴冠式にも参列したのは、天皇陛
下と当時18歳だったベルギーの国王アルベール二世の2人だけです。
アルベール二世は2013年に退位しています。女王陛下はいまも公務を超人的にこなされていますが、今年卒寿(90歳)を迎えました。

年月は誰にも平等です。特集が少子・高齢化時代を前提とした新しい皇室のあり方を考える材料になればと思います。 (編集長・齋藤孝光)

続きを読む

関連人物一覧

天皇
皇后
山崎正和
欧州中央銀行総裁
メルケル
キャメロン

関連キーワード一覧

皇室
皇室典範
王室
アメリカ大統領選挙
ヘリコプターマネー
南シナ海
参議院選挙
アベノミクス

中央公論別冊
中央公論メールマガジン
新書大賞2014
ブロガーのルイーズ・エベルも登場!マリ・クレール スタイル公式サイト
「中央公論」への広告掲載について
大手小町
ヨミウリオンライン
ラジオ日本
プランタン銀座
ページの先頭へ